【欅坂46】二人セゾン 全国握手会 名古屋【12/18】

ミニライブ

f:id:wanarin:20161221010945j:image

A3ブロック2列目

 

全体を通して、一瞬たりとも見逃したく無い

そう初めて思わされたライブだった。

 

1曲目 二人セゾン

この曲を初めて聴いた時、デビューカウントダウンライブが頭に浮かんだ。

あのライブを見て、

このグループは一瞬一瞬で主役が変わり、その時々で色が変わるグループなんだなと感じた。

そんな俺の中のイメージにピッタリとハマった気がして、初めて聴いた時は思わず涙がこぼれた。

生で見るのが楽しみだった。

Bリーグで初めて、パフォーマンスを生で見た時、自分が今まで見てきたもの、感じたことが全てわからなくなった。

だから正直今回のミニライブを見る前は、

期待と不安の感情が入り混じって、自分で自分の気持ちがよく分からない状態だったと思う。

そんな中ライブが始まり、目の前に広がる光景に気づけば目を奪われ、自然と涙が流れて、言葉にできない感情が生まれてた。

足が震え、息をするのを忘れるくらい引き込まれた。

結果的には自分が求めていたものとは真逆のものを見せつけられたけど、これが今の欅坂46だし、これからも変わらない部分なのかもしれない。

それでも一つの答えがそこにあったように思えた。

 

2曲目 制服と太陽

驚いた。

何だろう、あんなに良い表情するんだね。

全然知らなかった。

何を思ってパフォーマンスしてるのか聞いてみたい。

この曲は離れたところから全体を眺めて見てみたいな。

きっとまた違った良さが見えてくると思う。

 

3曲目 夕陽1/3

終始今泉に目を奪われた。

体の使い方が上手い。

他のメンバーより頭二つは抜けてたと思う。

あれなら離れた場所から、顔がはっきり認識できなくても、今泉だけははっきりと分かりそうだよね。

歌っている時の表情も今泉のパフォーマンスに合っていたし、本当今泉ばっかり目で追っていた気がする。

あ、あとねるちゃんも良かったよ。

一つ一つの動作を丁寧に、しっかり、はっきりと行っていたと思う。

キレは皆無だったけど、ひたむきさが伝わってきた。

他の二人は見ている余裕がなかったからわかりまてん。

 

4曲目 僕たちの戦争

出だしから引き込まれてしまった。

まさか梨加ちゃんから目が離せなくなるとは思わなかった。

理佐てぃやん殆ど見られなかったよ。

無機質な梨加ちゃんがたまらなく良かった。

気づけば僕は梨加ちゃんに魅了されてたよ。 

 

5曲目 誰よりも高く跳べ!

最高でした。

めみちゃんのダンス良いね。

綺麗にまとまってたと思う。

影山は存在感がすごかった。

最初に見た時に少し笑ってしまった自分が恥ずかしい。

でも笑っちゃうくらいすごいパフォーマンスなんだよね。

あんなに大きく、存在感を出したパフォーマンスを今まで見たことがなかった。

自分はここにいるんだぞって言っている気がしたよ。

とにかくみんな良かった。

 

6曲目 大人は信じてくれない 

何が起こっているのか全く理解できなかった。

今、目の前で起こっている出来事に思考が全く追いつかず、それでも体は正直で足の震えが治まらない。

気を抜いたら膝から崩れ落ちそうで、それでも目に焼き付けたくて必死に食らいついて。

溢れ出るパワーに圧倒され、包み込まれるかのような世界観にただただ身を委ねてた。

まだまだ荒削りな部分もあったし、もったいないなと感じる部分もあったけどそういうものを補って余りあるものがあった。

 

 

俺の目に映る物がたとえ虚像だったとしても、それを映し出しているのは紛れもなく欅坂46なんだよね。

これまでやってきた事があるから誰かの中に物語が生まれる。

それって本当にすごい事だと思う。

何もなければ誰も考えてすらくれない。

たとえその物語が誰かの中に生まれた嘘偽りだろうと、人の心を動かす事が出来るなら、それって本当にすごい事だよね。

 

握手

・柿崎芽実×佐々木美玲 1ループ

・影山優佳×潮 紗理菜 1ループ

・佐藤詩織×渡邉理佐 75まとめ

 

渾身の1ループした子達とは楽しくお話しできました。

 

佐藤詩織

思っていたことを2割くらいしか伝えられませんでした。

それでも、どんな思いで3rdに取り組んでいるかを話してくれて、その思いの通りに俺の気持ちは動かされてて、凄い子だなって思った。

本当に素敵な子でした。

 

渡邉理佐

最初に伝えるべき一番大事なことを伝え忘れました。

と言うかきっと何も伝えられていないと思います。

 

 

今まで大した枚数じゃないけど、何人かの子とまとめで話してきて感じていた漠然としたものが、今回の握手で何なのかはっきりとわかった。

それが何なのかは心の中に留めておきます。

 

純粋に自分の中に生まれたプラスの感情をただただ伝えたいだけなのに、それすらも許されないというのはとても悲しいことですね。

ただの一般人は、人一人の感情を動かすことだって難しいのに、アイドルは自分の知らぬ間に誰かの心を動かしてるんだよ。

それがどれだけ凄いことか、素晴らしいことか、きっと自分ではわからないんだろうな。

伝えられる側が直感的に理解できないものを、伝える側が漠然と生まれた感情の思うままに伝えようとしても、それはきっとなかなか伝わらないんだろうね。

自分の無力さを痛感した。

誰かに芽生えた感情が、それを生み出した子の自信を作り上げる一ミリの足しにでもなれば良いのに。

そんな願いを持つことさえ許されないのかな。

難しいね。

 

こういうことを、普段あんまり考えてないから真剣に考える良い機会になりました。

色々と考え直さないとダメみたいですね。

 

おわり

 

 

 

広告を非表示にする