平手友梨奈に可能性しか感じない

平手友梨奈ちゃん

以下、11月15日お見立て会1部自己紹介

『みなさん初めまして、愛知県から来ました中学2年生14歳最年少の平手友梨奈です。

黒髪ショートヘアで覚えていただけたら嬉しいです。

側転ができるのと若さを生かして欅坂46メンバーの中でアクロバットができる存在になりたいです。

わたしは人気者になってちやほやされたくてアイドルになったわけではありません。

わたしは小さい頃からあまり期待をしてもらえない子供でした。

抱え込んで悩むことが多く自分が何をしたいのかもわかりませんでした。

こわくなって体調を崩す日々が続きいつもおばあちゃんに励まされながらなんとか生きてきました。

そんな時わたしは自分を変えたくて応募した欅坂46のオーディションで初めて自分を認めていただけたと思いました。

苦しみに打ち勝ってきた姿でわたしに変わる勇気をくださった白石さんや生駒さんのような存在になりたいです。

わたしは全力で欅坂46で頑張っていきたいと思っています。

こんなわたしを見守ってくださると嬉しいです。

ありがとうございました。』

※メモできた範囲で書いてるので言い回し、表現など違いがあると思います。


最年少だから純粋に聞ける

有名になってから過去の苦しみを明かすより、中学生の純粋な悩みや苦しみのが素直に受け入れられる。

どうして最年少なのにこんなに強いんだろう。

勝手にアイドルに物語作る系のヲタクにはどんぴしゃなアイドルだろうね。

俺は一番純粋に応援していきたいと思ったから応援します。

書きたい事がたくさんあるのにうまく書けないからこれで終わります。

広告を非表示にする